image SR-CF工法研究会
SR-CF工法



NEWS

掲載年月日
ニュース事項
2016/03/23
会員向け、「SR−CF工法 設計・施工講習会の開催」案内(2016.5.10東京開催)

 平成28年度の「第1回SR−CF工法 設計・施工講習会」を下記日程で開催します。
 詳細は会員ページをご参照ください。

 開催日時:平成28年5月10日(火)10時から15時30分
 
 会場:清水建設葛Z術研究所
    東京都江東区越中島3−4−17 
   Tel.03-3820-6412
2016/01/14
■叶ュ策総合研究所発刊の「日本の新技術・新工法」誌平成28年2月号の「国土強靭化推進への技術開発」特集号に、SR−CF工法研究会神野会長へのインタビュー記事を掲載します。

・発刊予定:平成28年2月1日
・特集号の主な内容:
 国土交通省各地方整備局企画部長に聞く
 @インフラ長寿命化対策、維持管理、マネジメント技術、予防保全等
 A首都直下地震対策への取り組み
 B南海トラフ防災対策への取り組み

・会長の主な会見内容:
 本工法の開発経緯、SR−CF工法の特徴
 (一財)日本建築防災協会技術評価、及び(一財)土木研究センターのCFアンカー審査証明等の採用例
 平成27年7月末現在の採用実績件数(浜名大橋採用事例写真)
 東日本大震災で被災した東北3県での施工案件100件の損傷被害なしの情報
 今後への取り組みなど。

 なお、詳細については、本誌発行後の2月初めに会員欄ページ「投稿技術レポート欄」に掲載します。
2015/12/10
■月刊「日本コンクリート工学」誌平成28年1月特集号に広告を掲載します。

 特集号企画テーマ:「インフラ構造物のリニューアル(更新)・修繕の計画と技術」
 特集号テーマ分野:道路構造物、鉄道構造物、建築物、港湾・空港構造物、上下水道構造物、リニューアルに使用される材料
 (発刊:平成28年1月1日予定)

 広告掲載内容は、
 @本工法の特徴としての全てのコンクリート構造部材の補強が可能などの特徴を列記」
 A平成27年7月末現在の施工実績累計件数
 B(一財)日本建築防災協会の技術評価更新(平成25年3月14日付:建防災発第12118号)及び(一財)土木研究センターの建設技術審査証明:建技審証第0603号
 C日本建築学会技術賞など各技術賞受賞の列記
 などを掲載しています。
2015/11/26
■繊維補修補強協会の資格認定試験の平成27年度開催案内について(H27.11.26)
 本会も特別会員にて参加しています一般社団法人 繊維補修補強協会開催の資格認定試験の案内を会員ページに掲載しました。
・資格試験案内
 (1)平成27年度第1回 連続繊維施工管理士:H28/3/5大阪開催)
 (2)引続き開催予定の平成27年度計画分「連続繊維施工管理士」、「連続繊維施工士」試験予定。
2015/11/13
■会員向け、「SR−CF工法 設計・施工講習会の開催」案内(2016.2.16東京開催)

 平成27年度最終回の「第4回SR−CF工法 設計・施工講習会」を下記日程で開催します。
 詳細は会員ページをご参照ください。

 開催日時:平成28年2月16日(火)10時から15時30分
 
 会場:清水建設葛Z術研究所
    東京都江東区越中島3−4−17 
   Tel.03-3820-6412
2015/10/20
■「土木の維持管理ガイドブック」((一財)経済調査会より、平成27年10月発刊)に、本工法技術の概要ついて投稿掲載

【掲載内容】
 開発参加企業名、技術概要と特徴、適用条件と範囲、関連適用法規制などの項目、研究会会員のみ施工可能であることの表記、工法採用実績、概算施工価格例、施工写真など

 投稿した本工法技術概要の詳細内容については、本会ホームページ会員ページの「投稿技術欄」に掲載しました。
2015/10/08
■月刊「建築技術」誌平成27年12月特集号に広告を掲載します。

特集号企画内容:「改正建基法と技術基準書改訂による構造設計のポイント(仮題)」
 (発刊:平成27年11月17日予定)

 広告掲載内容は、
@会員会社名(平成27年12月現在96社)を列記
A平成27年8月末現在の施工実績累計件数
B(一財)日本建築防災協会の技術評価更新(平成25年3月14日付:建防災発第12118号)
C日本建築学会技術賞など各技術賞受賞の列記
 などを掲載しています。
<< [3] [4] [5] [6] [7] >>
Webturn-plus ©ホットダイニング 管理画面



研究会概要
会員リスト
工法の特徴
CFアンカー
規格・強度/経済性
構造性能
施工手順
実施例
施工実績
NEWS
LINK
お問い合せ
home